メルセデスF1 「ペレスのペナルティ待ちでファステストのチャンスを失った」  / F1フランスGP
メルセデスF1は、F1フランスGPでセルジオ・ペレスにペナルティが科されるかどうかを確認するのを待っていたこで、ファステストラップを獲得して追加の1ポイントを手にするチャンスを失った。

F1フランスGPの終盤、セルジオ・ペレスははるかにフレッシュなタイヤでバルテリ・ボッタスを抜いて3位に浮上。ボッタスが表彰台を獲得するチャンスは潰えた。

バルテリ・ボッタスは後続と十分なギャップがあったため、ポジションを失うことなくタイヤを交換することができたため、ピットインして追加のファステストラップポイントを狙いに行くものだと考えられた。

しかし、メルセデスはバルテリ・ボッタスをステイアウトさせることを選択した。セルジオ・ペレスは、バルテリ・ボッタスを追い抜いた後にトラックリミットを越えたことで審議対象となっていたためだ。メルセデスはペナルティが科されることを期待していた。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは「我々はそれ(ファステストラップ)について話していたし、準備ができていた」と語った。

「しかし、セルジオがバルテリをパスしたとき、彼はターン10で4輪がコース外に出ていた。それは、彼が実際に追い抜いて永続的なアドバンテージを得るためにトラックから外れたかどうかにかかわらず、我々がレースコントロールに指摘していたポイントだった」

「彼らはそれを熟考していて、最終的にはそれ以上のアクションは必要ないと判断したが、その期間に我々は実際にバルテリをピットストップさせなければならなかったであろうウインドウを失った」

「もし、彼らがセルジオに5秒のペナルティを与えていたら、我々はその5秒のウィンドウ内にいたかった。ピットストップしていれば、我々は脱落してしただろう」

「最後は本当に残念なタイミングだった。それらの議論が行われている間、我々はピットインして新しいタイヤを履かなければならなかったであろうポイントを逃してしまった」

ルイス・ハミルトンは。バルテリ・ボッタスと同じ運命をたどり、最後から2周目にマックス・フェルスタッペンに追い抜かれ、メルセデスにとって脆弱な一日を締めくくった。

だが、アンドリュー・ショブリンは、少なくともいくつかの有用なデータを収集したと語り、すぐに修正する機会が得られることを嬉しく思うと語る。

「サーキットに戻るのを待つのにほんの数日しかかからないことを我々全員がとても感謝している。データに関しては、前回のレースからかなり良いデータと理解が得られた」とアンドリュー・ショブリンは語った。 。

「シミュレーターもあるので、オーストリアに向けて多くの良い仕事をすることができる。それは翌日か2日間で行われるが、最終的にはすべてのチームで同じだ」

「さらに1週間あればそれを利用できるが、実際、次々と素早くレースができるのは非常に楽しいことだ。それは人々に大きなプレッシャーをかけるが、それはエキサイティングなままだ」

「したがって、今後数日間は忙しいだろうが、良い準備の整った状態でオーストリアに到着することができることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1フランスGP