メルセデスF1、今度はレッドブルのピットストップ装置にイチャモン?
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1は緊張し始めており、リアウイングに続き、今後はピットストップ装置をターゲットにしているが、まったく心配はしていないと語る。

レッドブル・ホンダF1がついにメルセデスと互角に戦えるマシンを手にしたことで、今シーズンのタイトル争いははるかにエキサイティングなものになっており、それは明らかにトト・ヴォルフにプレッシャーをかけている。

ヘルムート・マルコは、圧倒的な強さでタイトルを7連覇してきたメルセデスF1はそのようなプレッシャーに慣れていないと語る。

「メルセデスは緊張している。彼らの反応で分かるが、我々が彼らのレベルまで下がることはない」とヘルムート・マルコは語った。

「我々はレースに焦点を合わせており、そのための最適な準備が整っていることを確認している」

リアウィングについて論争の後、メルセデスはレッドブル・レーシングのピットストップ装置を詳しく見ていきたいと考えている。

メルセデスF1は、毎週末ピットストップで多くの時間を失っているが、レッドブル・レーシングはこの分野で群を抜いている。

「今では彼らは我々のピットストップの装置も違法だと考えているが、それも何にも基づいていない」

ヘルムート・マルコは、このようなコース外での戦争にあまり多くの時間を費やしているが、実際にそれがメルセデスが彼ら自身の問題への焦点を失う原因になることを望んでいる。

「私たちはこれらの周辺の問題には関心がない。メルセデスがこの心理戦を繰り広げているという事実が、実際には十分に物語っている。マックスが言ったように、我々はサーキットで話すことを好む」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1