メルセデスF1、ルイス・ハミルトンの“ブレーキマジック”ミスを説明
メルセデスF1のテクノロジーディレクターを務めるマイク・エリオットは、ルイス・ハミルトンがF1アゼルバイジャンGPのリスタートでポイント圏内に落ちることになった“ブレーキマジック”ミスの詳細を説明した。

ルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPの残り2周のスタンディングスタートで2番グリッドに並び、1コーナーに向けた走行でトップに躍り出た。

しかし、ルイス・ハミルトンは1コーナーのブレーキングでフロントタイヤを激しくロックアップさせてエスケープゾーンに滑り込み、フィールドの後方に落ちた。

リスタート前に、ルイス・ハミルトンが『ブレーキ マジック』を使用してタイヤ温度を生み出した結果、マシンのマシンからは激しく煙を出ていた。

「ドライバーはスタートに向けてタイヤを最適なウインドに収めようとしている。グリッドまでの周回で他にも多くのことをやろうとしているが、タイヤを最適な状態にしようとするとき、彼らがしなければならないことはそれらに熱を入れることだ」とマイク・エリオットは説明した。

「リアに関しては比較的簡単であり、ドライバーがホイールをスピンアップさせることで、表面に熱を入れることができる」

「フロントに関しては、ドライバーがウェビングするか、もしくはブレーキから熱を入れる」

「ルイスは、ブレーキから押し込む熱を最大化しようとしていたので、煙が出るほど熱くなっていた」

それ自体は問題ではなかった。レースが再開されると、走行中のマシンからの気流でそららが冷やしされるからだ。

ルイス・ハミルトンの1コーナーでのミスの原因は、ブレーキの煙とは関係がなく、メルセデスがレーススタートでドライバーの負担を軽減するために導入した“ブレーキマジックシステム”の結果だった。

「実際にはドライバーと話すことは許可されていないので、変更が必要な設定について話すことはできない」とマイク・エリオットは語った。

「その結果、可能な限り物事を簡素化しようとしており、ドライバーが使用できるツールを作成しようしている。ドライバーが実行しなければならない作業量を減らすようにしている」

「我々が持っているボタンの1つであるブレーキマジックと呼ばれるものは、正直なところ、私はなぜブレーキマジックと呼ぶのかは分かっていないが、ドライバーが押すことでブレーキに熱を伝えることができるボタンだ」

「大きなことの1つは、ブレーキバランスを動かすことだ。つまり、フロントブレーキエネルギーとリアブレーキエネルギーの比率が、可能な限り前方に移動する」

「これにより、フロントブレーキに熱を入れることができるため、リムとタイヤに熱を入れることができる」

「ルイスは正しいことをすべて行った。マシンをグリッドに入れ、スイッチを切るために必要なさまざまなボタンとセッティングをオフにし、スイッチを入れる必要があったセッティングをオンにした。彼は正しくレースをスタートできるすべての設定を行っていた」

しかし、リスタート直後にミスをしたルイス・ハミルトンは、最終的に15位でレースを終えた。

「彼は素晴らしいスタートを切り、ペレスと並んで立ち上がった。彼とペレスがシャッフルするような位置にいたので、ルイスは方向を変えた」とマイク・エリオットは語った。

「曲がる過程で、彼はマジックボタンに軽く触れてしまった。残念なことに、彼は自分がそれをしたことに気づいていなかったので、問題が発生するという意識はまったくなかった」

「彼がブレーキを踏んだ時点で、それは彼にとって通常のブレーキングポイントだったが、ブレーキバランスがすべて前にシフトされた状態だった」

「結果として、それらはロックし、その時点で彼にはコースを外れる以外に成す術はなかった」

マイク・エリオットは、メルセデスF1が今週末に行われるF1フランスGPに向けて『ブレーキマジック』ボタンとそのシステムを改善する方法を検討すると付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1アゼルバイジャンGP