メルセデスF1、バルテリ・ボッタスのホイールナット破損の詳細を報告
メルセデスF1は、F1モナコGPでバルテリ・ボッタスのマシンからタイヤが外れなくなったホイールナット破損の詳細について報告した。

バルテリ・ボッタスのF1モナコGPのレースは、ピットストップでメカニックが右フロントタイヤを取り外すことができず、半分以下の距離で終了した。

その後に公開された映像では、ホイールガンのパワーが歯に接続してナットを緩めるのではなく、アルミニウムがホイールナットを削り取っている様子が収められた。

メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームズ・バウレスは「我々がキャプティと呼ぶナットは、ホイールとタイヤ内に維持され、ホイールが外れるとナットも一緒に外れる。

「このナットは、ブレーキング時および横方向の5gの力に対応できるように、ホイールをマシンに固定する必要がある。車軸とナットには巨大な力がかかり、緩むことは決してないのは明らかだ」

「したがって、ホイールガンは信じられないほど強力なガンだ。実際にメカニックたちは地面に自分自身を押さえつけているを見ることができると思う。そうしないと一緒に回転してしまう」

ジェームス・ボウルズ、『ハンマー』と呼ばれるホイールガンの動作は、正しく機能するためにナットに完全な位置合わせする必要があると語った。

「衝撃力で、通常、ナットは4〜5回の衝撃で緩む」

「何が起こったのかというと、少し角度が付いていたため、ソケットがナットに接続されたとき、ソケットはそれに対してわずかに角度が付いていた。その結果、すべてのナットに負荷を分散する代わりに、小さなセクションに負荷が分散された。そして、それは金属をきれいに引き裂き、実際にはすべての金属がナットから取り除かれた。その結果、ナットは所定の位置にあり、取り外すことができなかった」

ナットの機械加工は非常に重度、メルセデスはモナコでホイールを取り外すことができず、バルテリ・ボッタスのマシンはホイールがつけられたままファクトリーに戻された。

「当然、その状況はバルテリに多大な犠牲を払い、チームに多大なコストをかけた。緩和するための措置を講じる予定だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1モナコGP / バルテリ・ボッタス