メルセデスF1代表、ボッタスとラッセル交代の噂は「ナンセンス」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年シーズンが終わる前にバルテリ・ボッタスをジョージ・ラッセルに交代する可能性があるとの噂を“ナンセンス”だと否定した。

2017年にメルセデスF1に加入したバルテリ・ボッタスは、ルイス・ハミルトンの“ナンバー2”ドライバーとして最適な働きをしているとも言えるが、最近のレースではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに先行を許すなど、チームとしての戦いとしてパフォーマンスに欠いている。

ルイス・ハミルトンが“ほぼ常に”バルテリ・ボッタスの前にいるという主張を含め、噂について質問されたトト・ヴォルフは「ナンセンスだ」と Osterreich に語った。

「ボッタスは本当に優れている。彼は、フィールドの誰でも相手にするができる。そして、前回のポルティマオの予選のように、何度もルイスよりも速くドライブすることができている」とトト・ヴォルフは語った。

「ルイスは、より一貫性があり、ワールドチャンピオンになるにふさわしい」

一方、トト・ヴォルフには、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンに2022年の契約交渉を開始するようプレッシャーをかけているという噂が渦巻いている。

このトピックに関するニュースがまもなく発表されるかどうかを質問されたトト・ヴォルフは「現在、我々はチャンピオンシップに集中しているところだ。ボールから目を離してはならない」と声mンと。

「どこかの時点で時間があれば、今後のことを話し合うことになるだろう。だが、まだ始めてはいない」

最後に、トト・ヴォルフは、エンジン技術者を巡るレッドブルとの緊張関係について質問された。

「それは非常に簡単なことだ。レッドブルは素晴らしい未来を約束して従業員を募集している。私がいつも言っているのは、未来ははっきりしないということだ」とトト・ヴォルフは語る。

「だが、オフトラックで戦うのはごく普通のことだ。そして、最高の人々のための戦いは絶え間なく続いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス / ジョージ・ラッセル