メルセデスF1 「開発制限はレッドブル・ホンダに優位性を維持させる」
メルセデスF1は、今年導入された開発に関する新しいルールによって、レッドブル・ホンダのパフォーマンス上の優位性を覆すことは不可能になるかもしれないことを懸念している。

レッドブル・ホンダは、2021年の開幕F1バーレーンGPで最速のマシンであり、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに約0.4秒差をつけてポールポジション獲得。決勝では戦略によってハミルトンが勝利を収めたが、レースペースでも優位性をみせた。

しかし、勝利でのスタートにもかかわらず、メルセデスF1は現時点でレッドブル・ホンダに勝る強みはないと確信しており、新しいフロアルールは、レッドブルが開拓したハイレーキよりも、メルセデスが採用するローレーキを傷つけているように見える。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、シーズン中は、空力面でもパワーユニット側でも開発が厳しく制限されているため、競争力を高めるために“より微細な領域”に焦点を当てることを余儀なくされていると語った。

「通常であれば、シーズンを通して風洞でもう少しダウンフォースを追加することを目指し、パワーユニットにもう少しパワーを加えようとしていただろう。今年は違うので例外だ」とアンドリュー・ショブリンは説明する。

「しかし、今年はどちらも規制によって非常に制限されているため、風洞を使える時間はほとんどない。ダイナノも非常に制限されており、今年はパフォーマンスのためにエンジンを改善することはできない」

「したがって、我々はドライバビリティの特性に関係するより微細な領域を検討しなければならないし、また、マシンを適切にまとめ、バランスを取りながらサーキットに到着し、宿題をこなして、タイヤがどれだけうまく走るかを知る必要がある」

「今シーズンは、実際には通常よりもはるかに細かいマージンに帰着することになるだろう。なぜなら、我々が明確に前に出られるところまで実際に開発することはできないからだ。レッドブルが明らかに先を行くところまで発展しないことを願っている」

レッドブル・ホンダは、イモラでの次戦F1エミリア・ロマーニャGPまでにRB16Bを改善するための新しい開発を進めていることを明らかにしているが、アンドリュー・ショブリンは、メルセデスF1として、23戦のシーズン全体でタイトルをかけた巨大な戦いを覚悟していると語る。

2014年にF1がハイブリッド時代に投入して以来、今年のレッドブル・ホンダはメルセデスに最も近いかと質問されたアンドリュー・ショブリンは「間違いなく近い」とコメント。

「2017年や2018年は、我々がレースに勝つまでに4〜5戦かかったと思う」

「我々ががすべてを完璧にできなかったものもあったが、それらのいくつかはフェラーリがレースと予選で私たちよりも優れていた。したがって、過去数シーズンは大変な年だった」

「これは我々にとって異質なことではなく、我々が取り組んでいかなければならないことだ。現時点では、2チームはほぼ互角のように見える。かなりタフなシーズンになるだろうし、レッドブルが本当にうまく機能し、多くのミスを犯さない鋭く集中力のあるチームであることは間違いない」

「マックスは明らかに非常に成熟した鋭いレーサーなので、彼と競争するのは難しい。そして、彼らは開発が得意だ。彼らはマシンに多くのパフォーマンスを加える能力を持っていることを毎シーズン示してきた」

「したがって、出発点に関係なく、今年は簡単なチャンピオンシップにはならない。タイトなシーズになるだろうし、我々は諦めない。そして、彼らも同じことを言うだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1