メルセデスF1 「W11の開発はかなり前にほぼ終了している」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブル・ホンダF1とのギャップが縮めっているのは、2021年のプログラムに集中できるようにするために今季マシン『W11』の開発を“かなり前”に終了しているためだと語る。

今季もメルセデスF1は支配的なシーズンを過ごしており、11戦中で9勝を挙げ、予選ではすべてのレースでポールポジションを獲得。メルセデスはダブルタイトル7連覇に近づいている。

その一方でレッドブル・ホンダF1はゆっくりと忍び寄ってきている。だが、トト・ヴォルフはそれは驚きではなく、シーズ後半にはもっと接戦が増えると予想。その理由としてメルセデスはすでにほぼ今季の開発を終え、レッドブルはアップデートをプッシュしているという2チーム間の開発格差を挙げた。

「我々はずっと前に開発を終えている」とトト・ヴォルフはニュルブルクリンクでチームのアップグレードに言及。

「それは我々が過去に常に目にしてきたことだ。すべてのチャンピオンシップで本を早く閉じる余裕があるわけではなく、それは非常に徹底的に考え抜かれた決定だ」

「しかし、来年はルールが大きく変わる。その点で、昨年同様、来年のクルマに乗り換えることにした。だからこそ、チーム間でパフォーマンスが変化している」

「我々はこれまで非常に強力なシーズンのスタートと中盤を過ごしている。最後に強いのは開発を継続するチーウだ」

メルセデスのトラックサイドエンジニアである アンドリュー・ショブリンも、レッドブルとのより緊密な競争は、シーズン中の開発という点でレッドブルの歴史的パターンを反映していると考えている。

「現時点で彼らは我々よりも早く開発していると思う」とアンドリュー・ショブリンは説明した。

「次第に我々はそれを目にしてきた。だが、正直に言うと、近年のほとんどで、彼らは我々ほど強くはスタートできない傾向にあることを目にしてきた」

「実際、近年は彼らが最後まで我々と戦っていなかったシーズンはないと思う」

「その傾向が続くとすれば、残りのレースはさらに厳しくなり、土曜日にポールを獲得し、日曜日に勝ち続けることは難しくなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス