メルセデスF1、人種差別反対を示すW11の新カラーリングを公開
メルセデスF1は、人種差別反対のメッセージを込めた2020年F1マシン『W11』の新カラーリングを公開した。

アメリカ北部ミネアポリスで、警官から首を膝で押さえつけられ、助けを求めながら死亡した黒人男性のジョージ・フロイドさんの死は、米国および世界中で抗議活動を生んだ。

メルセデスF1のドライバーを務める6回のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、F1界も声を上げるよう呼びかけ、F1ドライバーやチーム、そして、F1自体が呼応。

F1は、新型コロナウイルスおよび人種差別と不平等に取り組むためのイニシアチブである『#WeRaceAsOne』を発表。この活動には全チームが賛同し、F1マシンには虹のロゴと八シュタグが掲載される。

メルセデスF1はさらに進んだ取り組みを発表。シルバーアローとして知られてきたF1マシンをオールブラックに変更したW11の新しいカラーリングを発表した。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「人種差別と差別は私たちの社会、私たちのスポーツ、私たちのチームには存在しません。これはメルセデスの信念の中心です」と語った。

「しかし、もし私たちが黙っていれば、正しい信念と正しい考え方を持っていたとしても十分ではありません」

「私たちは、声とグローバルプラットフォームを使用して、尊敬と平等を表明したいと考えています。シルバーアローは、2020年のシーズン全体をブラックでレースを行い、チームとスポーツのさらなる多様性への取り組みを示します」

メルセデスF1は、チームの労働力のわずか3%が少数民族グループに属していると特定しており、従業員のわずか12%が女性となっている。チームは、多様性の欠如が、現在到達していない社会のあらゆる分野から才能を引き付けるための新しいアプローチを見つける必要があることを示しており、シーズンの終わりまでに多様性と包括プログラムを発表することを約束している。

「この分野が我々の弱点であること、私たちがしなければならない進歩を隠すつもりはありません。私たちのリバリーは、前向きな行動をとるという私たちの公約です」とトト・ヴォルフは続けた。

「私たちは、可能な限り幅広いバックグラウンドから最高の才能を見つけて引き付け、将来より強力で多様なチームを構築するために、彼らが私たちのスポーツに到達するための信頼できる創造的な道筋を引き付けるつもりです」

マシンのカラーリングを変更することに加えて、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは2020年に黒いオーバーオールでレースを行い、両方のドライバーがヘルメットのデザインを調整する。

またオーストリアのトラック周辺では「End Racism」への呼びかけがメルセデスW11のハローに掲載され、団結したF1のイニシアチブ「#WeRaceAsOne」がW11のミラーに掲載される。

「私たちはスポーツを超えた遺産を築きたいと思っています」とルイス・ハミルトンは語る。

「もし私たちがリーダーになり、私たち自身のビジネスの中でより多様性を構築し始めることができるなら、それはこのような強力なメッセージを送り、他の人に彼らがどのように変化を実行できるかについての対話する機会を与えることです」

“オールブラック”に変更されたメルセデス W11Mercedes AMG F1 W11 All Black

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン