「メルセデスは2020年末でF1チームを売却するだろう」とエクレストン
メルセデスは、今シーズン末にF1から撤退するか、少なくともワークスチームを売却するだろうとバーニー・エクレストンは主張する。

メルセデスは何度もそれを否定しているが、メルセデスがF1撤退もしくはエンジンサプライヤーとしてのみF1を継続するとの噂は絶えない。メルセデスは2010年にブラウンGPを買収し、2014年から両方のチャンピオンシップを6連覇している。

これは前人未踏の記録であり、さらにルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの7回のドライバーズタイトルという記録に近づいている。

しかし、バーニー・エクレストンは、メルセデスのF1での時間は、ダイムラーの決断によって終了することになるはずだと語る。

彼は、メルセデスがスポーツをやめたので彼らだけが勝ったのかといつも疑問に思うので、タイトルを獲得するために次のチームに染みを残すと考えています。

「メルセデスのボス、オラ・ケレニウスとは、彼がまだブリックスワースにあるメルセデスのF1エンジン工場を担当していたときに合っている」とバーニー・・エクレストンは F1-Insider.com に語った。

「だから、彼はどのような人物であるかは知っている。しかし、現時点では、F1プロジェクト以外にも問題がある」

「しかし、私が感銘を受けたのは、彼が排出ガススキャンダルと今後の新型コロナウイルス危機を乗り越えるために会社をどのようにリードしているかだ」

「私が彼だったら、2020年末にチームを売却するだろう」

「タイトルを6連覇し、メルセデスが証明しなければならないものは何かあるか? 何もない」

「その後のすべての世界チャンピオンは、メルセデスの撤退によってタイトルを獲得しただけだという欠点と共存しなければならないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バーニー・エクレストン