F1:トト・ヴォルフ 「アストンマーティンのCEOになるつもりはない」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、アストンマーティンの最高経営責任者(CEO)に就任する旨の書面によるオファーを受けたとの報告を完全に否定した。

トト・ヴォルフ、2013年にメルセデスに引き継ぐ前にHWAとウィリアムズF1チームに投資しており、アストンマーティンのビジネスに資本参加するために交渉中であると噂されている。

「この話は真実ではない。私はアストンマーティンのCEOになるつもりはない」とトト・ヴォルフは語った。

しかし、元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、そう遠くない将来にアストンマーティンに移籍するだろうと考えている。

今年ははじめ、ローレンス・ストロールの友人であるトト・ヴォルフはアストンマーティンにリンクされた。噂は、二人は一緒にメルセデスからF1チームを購入し、アストンマーティンに改名することを計画しているというものだった。

だが、それは起こらなかった。代わりにローレンス・ストロールは、アストンマーティンの株式を購入。2021年から自身が所有するレーシング・ポイントF1チームをアストンマーティンに名称変更すると発表している。

親しい友人であるローレインス・ストロールとトト・ヴォルフは、F1オーストラリアGPの中止後にストロールのプライベートジェット機で一緒に帰国している。

トト・ヴォルフは、まだメルセデスでの将来をコミットしておらず、元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、それはローレンス・ストロールと協力しようとしているためだろうと語る。

「トト・ヴォルフは、ローレンス・ストロールとより友好的になった」とバーニー・エクレストンはコメント。

「彼は友達になるのに適した人を選ぶ頭脳を持っている、そして、私はおそらく彼がアストンマーティンでローレンスに加わるのを見ることになると思っている」

「ローレンスには彼と一緒に何人かの人々がいて、グループは会社の支配権を買った、そして、私はトトが最高経営責任者としてそこに飛び込むことができると思っている。うまくいくかもしれない」

しかし、アストンマーティンに加わったトト・ヴォルフが自動車会社だけでいるのか、それとも彼がF1チームで役割を果たすのかについてバーニー・エクレストンは語っていない。

先週、トト・ヴォルフはリバティ・メディアとの重要な会議を欠席し、代わりにジェームズ・アリソンをメルセデスの代表として送った。

トト・ヴォルフがメルセデスから離れることを選択した場合、ルイス・ハミルトンの去就にも影響を与えると考えられている。

メルセデスの内部関係者は、ダイムラーのボスであるオラ・ケレニウス会長は、トト・ヴォルフのファンではなく、スポーツ活動の大幅な予算削減を目指していると以前から語っている。

また、トト・ヴォルフとオラ・ケレニウスは、チームメンバーが新型コロナウイルス陽性であるときにマクラーレンが撤退を余儀なくされた後、メルセデスがオーストラリアGPから撤退すべきかどうかについても議論したと考えられている。トト・ヴォルフは先に進めたかったが、オラ・ケレニウスに反対された。最終的に、レースそのものがギリギリで中止になった。

メルセデスは、トト・ヴォルフの将来の推測について Daily Mail に“ナンセンス”だと非難している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / アストンマーティン