メルセデス、フェラーリのF1エンジン不正行為論争から撤退との報道
メルセデスF1チームは、F1エンジンの不正行為疑惑をめぐるFIA(国際自動車連盟)とフェラーリの“秘密の合意”に関する騒動から撤退したと報じられている。

昨年、フェラーリの2019年F1エンジンは夏休み以降に大きな改善を果たした。疑惑の目をむけたライバルチームは燃料流量システムの不正行為を指摘。その後、FIAは立て続けに技術指令を発行し、そのタイミングでフェラーリの戦闘力は低下した。

だが、FIAは2月28日(金)にフェラーリとの間で“和解”に到達したと発表。また、和解の一環としてフェラーリはFIAの“二酸化炭素排出量と持続可能な燃料”の研究開発を支援すると述べた。しかし、詳細な内容はフェラーリとFIAの間にで保持するとし、発表のタイミングもF1プレシーズンテスト最終日の1時間前というメディア対応を掻い潜るタイミングであったので、ライバルチームの怒りを買った。

その結果、フェラーリのカスタマーであるハースとアルファロメオを除く7チームが、FIAにフェラーリとの間で交わした合意について内容の開示を求めて共同声明を発表するという異例の事態に発展。FIAは2つ目の声明を発表し、調査の結果、フェラーリ製PUの合法性に疑いはあったものの、“違反の明確な証拠を出せない”ことを理由に、2者の間で和解合意を結ぶことにしたと説明したことでさらに怒りを買い、7チームは2通目の手紙をFIAに送っていた。

しかし、F1-InsiderのF1リポーターであるラルフ・バッハ、メルセデスはもはや非フェラーリ系列のライバルとは異なる立場をとっていると伝えた。

報道によると、FCAとフェラーリのジョン・エルカン会長とダイムラーの最高経営責任者(CEO)のオラオラ・ケレニウスとの間で会談が行われ、メルセデスはこの問題を解決したという。

今回の7チームの競争声明はメルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフがメインの扇動者として行動しており、これが事実であれば、メルセデスの突然のスタンスの変更は奇妙だ。

メルセデスが実際に7チームのグループを放棄した場合、エンジンカスタマーであるレーシング・ポイントとウィリアムズも追随する可能性があり、その結果、レッドブル、アルファタウリ、ルノー、マクラーレンの4チームがFIAへの行動に対する責任を負うことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / FIA