「メルセデスのF1エンジンにライバルが追いつけなかったのは想定外」
F1の最高技術責任者を務めるパット・シモンズは、メルセデスのライバルメーカーたちが、メルセデスとのF1エンジン性能のギャップを縮めるためにかかった時間に驚いていると語る。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以来、メルセデスはタイトルを6連覇。その優位性はブルックスワースが製造するメルセデスのF1パワーユニットのパワーに大きく依存してきた。

しかし、パット・シモンズは、ライバルであるフェラーリ、ホンダ、ルノーが、エンジン面でメルセデスに調整することにここまで苦しむとは思っていなかったと語る。

「他がキャッチアップするのにこれほどまで時間がかかるかは予想していなかった」とパット・シモンズは Autosport International Show で語った。

「ようやく彼らは追いついた。メルセデスはフェラーリがに先行されたとさえ言えると思う。しかし、それがこれほどまで時間がかかったことには驚いた」

パット・シモンズは、2014年以来、ドライバータイトルとコンストラクターズタイトルを6連覇することに役立ったエンジンの優位性のルーツにあるものをよく知っていると語る。

「HPPとブリックスワースに行ったことがあれば、その理由は理解できる」とパット・シモンズは語る。

「そこには非常に多くの優秀な人々がおり、資金も豊富で、設備も良く、アンディ・コーウェルの非常に強力なリーダーシップがある。今は驚きしない。しかし、予想していなかった」

「V8時代もメルセデスは最も強力なエンジンであり、実際、マクラーレンをサポートしているときは、常に最高のシャーシに搭載されたわけではなかった」

「しかし、ブラウンGPに搭載されるとすぐにチャンピオンシップに勝った。いいえ、私はそれを予想していなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス