メルセデス 「2021年はF1を撤退するには間違ったタイミング」
メルセデスが2021年にワークスチームの撤退を検討しているかもしれないとの憶測が広まっているが、F1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1を撤退するには間違ったタイミングだと語る。

今年、メルセデスは前人未到のダブルタイトル6連覇を達成したが、シーズン開始時から噂されるF1撤退の噂を鎮めるにはあまり役に立たなかった。また、ルイス・ハミルトンが2021年にフェラーリ移籍するとの噂が高まり、トト・ヴォルフはハミルトンがフェラーリ移籍を求めても邪魔をするつもりはないと語っている。

一方、2021年からマクラーレンにF1パワーユニットを供給するという決定は、以前のマクラーレンとのワークス体制が復活する可能性があるとの推測を促したが、トト・ヴォルフはF1から去るよりも残るための多くの理由を与えると語る。

「従来のテレビの視聴者数、デジタルスペース、スポンサーシップといったすべての数字が増えている」とトト・ヴォルフはコメント。

「2021年に支出上限が導入されることも成長分野であると思う。

「特定のフランチャイズ価値に関して、スポーツへの参加に関するルールに適用される特定のしきい値がある。まさに新しい機会に移り変わろうとしているときに、F1を今すぐ離れることは商業的観点からするのは正しいことではないのは確かだろう」

トト・ヴォルフは、F1を現在の10チームすべてが成功できる場所にすることは、潜在的な新規参入者のために魅力的にすることと同じくらい重要だと語る。

「新しいチームを探すべきだろうか? 確固たる基盤でグリッドに参加することに興味があるなら、大きなブランドが議論をしないのはなぜか」とトト・ヴォルフはコメント。

「だが、我々10チーム全員が限られたグリッドの一部であることを誇りに思うべきだと思う。この先にある機会と可能性を認識し、それをすべての人にとって良いビジネスにすることに集中する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス