メルセデスF1代表 「オコンへのルノーからのオファーは拒否できなかった」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、エステバン・オコンへのルノーF1チームからのオファーを拒否することはできなかったと語る。

昨年末でフォースインディアのF1シートを失ったエステバン・オコンは、今季のシートを見つけることができず、メルセデスのサードドライバーとしてルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスをサポートしてきた。

2020年、エステバン・オコンはニコ・ヒュルケンベルグの後任としてルノーのF1シートを獲得。2年契約を結んで経験豊富なダニエル・リカルドのチームメイトとしてF1復帰を果たす。

エステバン・オコンはメルセデスF1チームがマネジメントを行っているが、ローン移籍ではなく、契約期間中はルノーのドライバーということになる。

「エステバンはしばらく我々と一緒にいた。昨年、我々は彼に提供するシートがない状況にあった。彼は多くのことを学んだ。ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスをただ見ているだけではあったが、それだけではなく、彼は多くのシミュレーターを行い、多くのことを学んだ」とトト・ヴォルフは thejudge13.com にコメント。

「全体的に彼ははるかに成熟しています。エステバンはメルセデスにふさわしいドライバーであり、非常に良いマシンにふさわしいドライバーだ。だが、ファクトリーチームであるルノーのオファーを拒否することはできなかった」

「それは彼と彼の発展にとって良いことだ。そして、ワールドチャンピオンを戦っているチームでにルイス・ハミルトンのチームメイトとしてメルセデスに戻ることにはリスクもあると思う。そのため、彼にとってルノーは理想的な解決策だと思う」

エステバン・オコンは、メルセデスとの契約を早期にリリースされ、ヤス・マリーナ・サーキットで開催されるF1アブダビGPの翌日となる12月2日(月)にルノーF1チームに参加する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルノー / エステバン・オコン