メルセデスF1 「ハミルトンをピットインさせたのは愚かなミスだった」
メルセデスF1チームのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、F1ブラジルGPの2回目のセーフティーカー中にルイス・ハミルトンをピットさせるというチームの決定は“明白な愚かさ”であり“ルーキーエラー”だったと語る。

ルイス・ハミルトンは、フェラーリ勢の同士討ちによってセーフティカーが導入されたレース終盤、マックス・フェルスタッペンの後ろの2番手を走行していた。

メルセデスのストラテジストのピーター・ボニントンはタイヤの状況についてルイス・ハミルトンと意見交換し、ピットストップすればポジションを失う可能性が高いと警告していた。

ルイス・ハミルトンは“決断を任せる”と答えた後も迷っていたが、「入るよ、入るよ」と言ってピットに向かった。

ジェームス・アリソンは、チームがルイス・ハミルトンに対してピットインした場合に失うポジションの数を正確な情報を伝えなかっただけでなく、ハミルトンに最後の決断を委ねたことも間違いだったと語った。

ピットストップ後、ルイス・ハミルトンは、アレクサンダー・アルボンとピエール・ガスリーの前に出られて2つの順位を犠牲にした。ルイス・ハミルトンは残り2周で、アルボンから3番手を奪う際に衝突した。これにより、最終的に5秒ペナルティが科せられ、3位でフィニッシュしたものの、7位に降格している。

「その時点で最も輝かしいレースをしていたわけではなかったし、我々はとにかく愚かだった」とチーム代表のトト・ヴォルフの不在によってチームを管理していたジェームス・アリソンは説明した。

「我々は、新しいラバーに交換しても適切な場所に戻り、リードを奪うのに十分なラップが残っていると思っていた」

「事実上それは正しくなかった。我々は2つポジションを失った。我々はガスリーを考慮していなかったし、第2にコース上のデブリの量を考慮していなかった。予想していたよりもセーフティカーが戻るまでに多くのラップがかかった」

「その日に十分に速くないマシンではなかったし、勝利への距離を伸ばしてしまうルーキーエラーだったと思う。とにかく我々はミスを犯した」

ジェームス・アリソンは、ピットインするという決断を下したルイス・ハミルトンに責任はないと述べた。

「完全に我々の責任だった。我々はつかの間のチャンスだと考えていたからだ」とジェームス・アリソンはコメント。

「それが正しいかどうか我々にとってまったく明らかではなかった。だが、可能性はあった」

「我々ルイスに彼の意見を述べる機会を与えようと考えた。彼に正しい情報を与えなかったし、そうするべきではなかった」

「私たちは1つの順位を落とすと伝えたが、2つだった。第2に我々が判断するべきだった。彼はピットに入る前に1~2秒悩んでいた。彼はレースをすることを望んでいたからね。だが、それが間違いだった」

「彼がガスリーの後ろのピットから出てきた後は意気消沈する瞬間だった。そして、我々は「なぜそうしたのか?」と考えることしかできなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス