メルセデス 「将来的なハミルトンのフォーミュラE転向はあり得る」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンは他のシリーズで自分自身を証明することを除外しておらず、将来的にフォーミュラEに転向することもオプションだと語る。

メルセデスは、シーズン6からフォーミュラEへのワークス参戦を開始する。「ルイスは多くのモータースポーツをフォローしているし、我々がすでにフォーミュラEについて話をしているのは確かだ」とトト・ヴォルフは Sky Sports に語った。

「上海で二人とも眠れなかったときにテレビをつけて一緒に見ていた。そこでいくつかのアイデアを交換した。ルイスは多目的なドライバーだし、そのスポーツに本当に目を向けている」

「フォーミュラEの人気が高まれば、彼は本当にそれを受け入れるだろう。だが、今のところ彼の焦点はまだF1だ」

メルセデスは、今年のフォーミュラEのドライバーとしてストフェル・バンドーンとニック・デ・ブリースを起用。メルセデスF1チームとは密接な関係があり、将来、ドライバーを交換する可能性もないわけではない。

「このアドベンチャーを始めたばかりであり、我々が長年にわたって築き上げた経験を生かさないのはクレイジーだと思う。当然、我々はメルセデスAMG AMG High-Performance Powertrainsと仕事をしている」とメルセデス フォーミュラEのチーム代表を務めるイアン・ジェームスは Express に語った。

「我々は他の特定の面でもF1チームを利用することができる。それらの材料を使って正しいレシピでそれらをまとめられることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / フォーミュラE