F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1ハンガリーGPでルイス・ハミルトンの2ストップ戦略を敢行するまで戦略チームが7周にわたって評価を行ったと語る。

ルイス・ハミルトンはファーストスティントを7周延長し、新しいハードタイヤを使用してリーダーのマックス・フェルスタッペンを攻撃したが、フェルスタッペンのアドバンテージを保持し続けた。

ルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンから数秒以内に留まっていたが、48周目に新品のミディアムタイヤに交換するためにピットに呼び出された。22周を残し、20秒間のギャップを減らさなければならなかったが、残り4周でマックス・フェルスタッペンを抜いて勝利を手にしている。

「ピットインするかどうか、どのようにレッドブルを驚かせるかついて40周から47周まで議論した。7周にわたる議論だった」とトト・ヴォルフは語った。。

「チームは正しい方法で対応し、バックグラウンドの戦略家がオプションを考え出し、ジェームズ・ボウルズがそれらを評価し、その後、ホッケンハイムで我々が学んだ無線規律とプロトコルで我々全員の選択肢を伝えた」

「この時点までに、ルイスはマックスに追いつき、ハードタイヤで彼を追い抜くことができたように見えたが、ブレーキについては限界を超えていたので、そのやり方で彼を追い続けることはできなかった」

「だから、2位を避ける唯一の選択肢は、ミディアムタイヤがオフセットを生み出すことを期待してリスクを取ることだった」

「最初はあまり良くないように思えたが、それ以降、ルイスはチャンスを嗅ぎ取った。もう後戻りはできなかった」

ルイス・ハミルトンの勝利は、メルセデスにとって2019年シーズンの12戦で10回目の勝利であり、コンストラクターズ選手権におけるフェラーリとの差を150ポイントまで広げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1ハンガリーGP