F1 メルセデス ジョージ・ラッセル
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルの2020年のメルセデス昇格を除外。トロロッソで成長したマックス・フェルスタッペンのようにウィリアムズで鍛えることが最適だと語った。

メルセデスは、2020年のルイス・ハミルトンのチームメイトとして、バルテリ・ボッタスを継続するか、リザーブドライバーのエステバン・オコンを昇格させるかの二択に絞って熟考を重ねていることを明らかにしている。

もう一人の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPの予選で印象的なパフォーマンスをみせた。予選16番手だったラッセルだが、非力なウィリアムズで15番手のロマン・グロージャン(ハース)からわずか0.053秒という僅差に迫り、レーシングポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロール、ルノーのダニエル・リカルドを上回り、チームメイトのロバート・クビサには1.294秒差をつけた。

だが、トト・ヴォルフは、マックス・フェルスタッペンがレッドブルに昇格する前にトロロッソで経験したように、ジョージ・ラッセルにはタイトル争いのプレッシャーを受けずにウィリアムズで成長することを望んでいると語る。

「これらの人たちは非常に若い年齢でF1に入ってきたことを考慮しなければならないと思う」とトト・ヴォルフはコメント。

「マックス・フェルスタッペンのような標準からの逸脱もあるがね。だが、マックス・フェルスタッペンは、トロ・ロッソの環境を学び、間違いを犯し、レッドブルでさえ間違いを犯す余地を与えられた」

「パーソナリティとして、あらゆる面で彼の進歩を見るのは印象的だ。ホンダについて悪い言葉はまったく言わないし、チームについての良い言葉、チームへのコミットメントだけしか語っていない。それはドライバーの正しい行動だ。私は他には何も求めていない」

「しかし、彼は非常に才能があり、環境によって非常に成長し、学習し、レッドブルであなたの強みを生かし、トロロッソの状況を解決する可能性も与えられた」

「メルセデスで学ぶ機会が与えられるとは思わない。プレッシャーの高い環境で、レースやチャンピオンシップに勝てるクルマに乗せらる。世界チャンピオンになる才能のある若いドライバーが、我々と7年間一緒にいる彼の世代のベストドライバーの隣の環境に投げ込まれた場合、ひどく間違った方向に進む可能性があると思う」

「そして、私はジョージを燃やしたくない。時期尚早だと思っている。その上、我々がサインしているすべての契約を尊重したい。我々は契約書にサインしており、ウィリアムズと何をするかを知っていた。彼が学ぶ場所だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ジョージ・ラッセル