F1 ニキ・ラウダ メルセデス
メルセデスAMG F1チームは、月曜日に亡くなったニキ・ラウダへのオマージュとして特別なブランディングを施したW10で今週末のF1モナコGPに出走する。

3度のF1ワールドチャンピオンであるニキ・ラウダは、メルセデスの非常勤取締役としてチームの役割を果たしてきたが、5月20日(月)に家族に見守られながら70歳でこの世を去った。

メルセデスは、ニキ・ラウダに敬意を表し、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのW10のノーズに“Danke Niki(ありがとう、ニキ)”の文字とニキ・ラウダのシグネーチャーを掲載。また、エンジンカバーに散りばめられた星のひとつを“ニキの名誉と記憶”のために赤にする。

メルセデスの広報担当は「このブランディングは明日(木曜日)の朝からクルマに見られますが、週末の間にさらなる要素が追加されます」と語った。また、メルセデスのチームスタッフは黒い喪章をつけてグランプリに参加する。

メルセデスAMG F1 ニキ・ラウダ

また、ルイス・ハミルトンは、予定されていたF1モナコGPの水曜記者会見への参加を免除された。

メルセデスの広報は「ニキの死を受け、今日はルイスの対応を免除してもらえるよう朝のうちに申請しました。ルイスが心から慕っていたニキが亡くなってまだ2日も経っていないことをご理解ください」と述べた。

ニキ・ラウダがF1ワールドチャンピオンを獲得した2つのチームであるフェラーリとマクラーレンもマシンに何らかのメッセージを掲載する。

マクラーレンはマシンに2つのステッカーを掲載し、ニキ・ラウダがヘルメットと1984年のオーストリアGPの優勝トロフィーをホスピタリティユニット展示することを確認している。

それ以外のチームもニキ・ラウダへのオマージュを用意しており、トロロッソ・ホンダは、STR14のバージボードに“Danke Niki”の文字と彼の写真を掲載する。

F1モナコGPの決勝前のグリッドではニキ・ラウダのために1分間の黙祷が捧げられる。

トロロッソ・ホンダ ニキ・ラウダl

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1モナコGP