F1 メルセデス W10
メルセデスF1チームは、2019年のF1世界選手権を戦う新車『W10』を発表した。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以来、ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方のタイトルを5連覇してチャンピオンシップを支配してきたメルセデス。今年もルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのコンビでタイトル防衛に挑む。

メルセデスF1チームは2月13日(水)、2019年F1マシン『W10』の画像を公開。これまでティザーで公開されていたブラックにブルーとグリーンのカラーリングを施したものではなく、これまでの同様のペトロナスグリーンがはいった“シルバーアロー”として登場した。ブラックのエンジンカバーにはメルセデス・ベンツのボンネットやフロントに輝く“スリーポインテッド・スター”が散りばめられている。

メルセデスは本日、フィルミングデーを利用してシルバーストーン・サーキットでW10のシェイクダウンを実施。ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが新車を走らせる。

メルセデスAMG F1 W10Mercedes AMG F1 W10メルセデス W10mercedes W10

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン