メルセデスAMG F1 アメリカグランプリ ルイス・ハミルトン
メルセデスは、F1アメリカグランプリの予選でルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。バルテリ・ボッタスは3番手だった。

ルイス・ハミルトン (1番手)
「週末を通して、チームは収集したデータをフィルタリングして、クルマを適切に仕上げるために素晴らしい仕事をしてくれた。ここは本当に素晴らしいサーキットだ。本当にチャレンジングだし、ずっとクルマと一緒に踊っているみたいだ」

「ポールポジションを獲得できて本当に嬉しい。でも、今年はプラクティスと予選でも強くても、レースでは厳しいことがしばしばある。明日セバスチャンとバルテリと素晴らしいレースをすることを楽しみにしている。ここはオーバーテイクができるトラックだ。2012年にセバスチャンを抜いて優勝したレースを覚えている。彼があまり近づいてこないことを願っているけど、どうなるか見てみよう」

バルテリ・ボッタス (3番手)
「かなりトリッキーなセッションだった。風の影響でラップ毎に違っていた。それ以外はかなりストレートな一日だった。僕たちは週末を通してクルマを速くするためにかなりセットアップに変更を加えてきた。大きなミスはなかった。あと少しペースが足りなかっただけだ。ほとんど最終セクターでタイムを失っていたけど、低速コーナーやテクニカルなセクションのある部分なのでそこは大きなサプライズではない。でも、明日はまだ何でも可能だ。僕たちのレースペースは有望そうだし、良い戦いができるはずだ。明日は3チームが勝つ可能性があるし、僕たちは本気で全力を尽くしていく必要がある」

関連:【動画】 F1アメリカグランプリ 予選 ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1アメリカGP