メルセデス F1 マクラーレン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、2018年にマクラーレンがカスタマーエンジンを供給する場合は“夏休み後”までにわかっている必要があると述べた。

ホンダはバクーに“スペック3”エンジンを投入し、パフォーマンス面で改善を示したが、マクラーレンとフェルナンド・アロンソの忍耐は尽きているのは明白だ。

バクーでのホンダのF1エンジンの遅さについてフェルナンド・アロンソは「ライバルも僕たちのスピードにはちょっと混乱さえしていると思う」とコメント。

「僕たちがあまりに遅いので、実際にフライングラップをスタートしたときに彼らは僕たちがピットに入るつもりだと思うかもしれない。残念だけど、それが現実だ」

パドックでは、マクラーレンとホンダの決別の噂は強まっており、2018年にメルセデスのF1パワーユニットを搭載するという見方が強い。

メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、まだ何も確定していないが、最終期限は迫ってきていると語る。

「我々は夏休み後には何らかのことを知っていなければならない」とトト・ヴォルフはコメント。
「おそらくマクラーレンは我々よりも早くに知っている必要があるだろう。だが、改めて言わせてもらおう。我々はホンダとマクラーレンの関係に干渉するつもりはない」

「我々が離婚の原因になることはない。マクラーレンがエンジンを必要だと言ってきた時点で我々は耳を傾けるだろう。我々は他のメーカーからパートナーを奪うようなことはしない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス