フェルナンド・アロンソ
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、フェルナンド・アロンソを2017年のニコ・ロズベルグの後任候補として検討するべきだと述べた。

ニコ・ロズベルグがF1引退を電撃表明をしたメルセデスにとって、ルイス・ハミルトンの新たなチームメイトを探すための時間は限られている。

メルセデスは5日(月)、首脳陣がブラックリーのファクトリーで会合を開いたが、グリッド上のほとんどのドライバーが2017年の契約を結んでいる状況となっている。

マクラーレンともう1年の契約があるフェルナンド・アロンソだが、キャリアを終わらせる前に再び勝てるマシンに戻りたいという願望は隠していない。

しかし、2007年にマクラーレンでルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソが組んだ際、2人の関係は深刻な状況に陥り、アロンソが同年末にチームを去る結果となっている。

この2人をマネジメントしていくのはメルセデスにとってあまりにリスキーなことだとも言えるが、トト・ヴォルフは、フェルナンド・アロンソの獲得に動く可能性を否定していない。

「フェルナンドは考慮に入れるべきだ。彼は私がとても尊敬するドライバーだ。彼には才能とスピードと経験が備わっている。全てを兼ね備えている」とトト・ヴォルフは Sky Sports にコメント。

「だが、彼は今のところマクラーレン・ホンダと契約を結んでいるし、我々はとにかく他の選択肢全てを検討する必要がある」

メルセデス、パスカル・ウェーレインとフェルナンド・アロンソの2択で議論
メルセデス 2017 F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェルナンド・アロンソ