ニキ・ラウダ
ニキ・ラウダが、オーストリアの航空会社を買収したことが明らかになった。

Die Presse は、ニキ・ラウダが首都ウィーンに本社を置くアミーラ航空をクリスマス前に買収したと報道。

メルセデスの社外取締役を務めるニキ・ラウダ(66歳)にとっては4度目の航空業界参入とのことだ。

「(社主の)ロニー・ペジックに興味はあるかと聞かれた。そこで私は探りを入れてみた」とニキ・ラウダはコメント。

報道によるとアミーラ航空は、VIP相手のチャーター便会社で、12機の飛行機を所有。社員は70名。

「会社を育てていきたい」とニキ・ラウダは述べた。
かつて、『ラウダエア』や『ニキ』の名前で航空会社を運営していたニキ・ラウダだが、名称変更の可能性について「まだ考え中だ」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス