マクラーレン・ホンダ MCL32
マクラーレン・ホンダは、2017年F1マシン『MCL32』を発表した。

マクラーレン・ホンダは24日(金)、マクラーレン・テクノロジー・センターで新車発表会を開催。噂されていた通り、オレンジのカラーリングが採用されたが新車MCL32がお披露目された。

今年、マクラーレンは、ロン・デニスの解任に伴い、36年間続いた伝統の“MP4”の名称を廃止し、新たに『MCL32』というマシン名を採用。

マクラーレン・ホンダ MCL32にはオレンジのカラーリングが採用された。“パパイヤオレンジ”は、1960年代後半のブルース・マクラーレン時代に採用されたマクラーレンの伝統カラーだ。

マクラーレン・ホンダ MCL32は、突起のついたショートノーズを採用。エンジンッカバーにはシャークフィンが装着されている。

Mclaren Honda MCL32マクラーレン・ホンダ MCL32MCL32Mclaren Honda MCL32マクラーレン・ホンダ 2017年 レーシングスーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダF1 | F1マシン