マクラーレン インディ500
マクラーレンのインディカー・プログラムの代表を務めていたボブ・ファーンリーが、インディ500でのフェルナンド・アロンソの予選落ちを受けてチームを離れることが発表された。

元フォース・インディアの副チーム代表を務めたボブ・ファーンリーは、今季のインディ500におけるマクラーレンのプロジェクトリーダーとしてチームに加入していた。

しかし、マクラーレンとフェルナンド・アロンソは2019年のインディ500で予選を通過することができず、その後、ボブ・ファーンリーがチームを離れたことを確認した。

ボブ・ファーンリーは「私の契約はインディ500のプログラムだけしかカバーしてなかった」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー