マクラーレン 「オスカー・ピアストリにとってF1アブダビテストは貴重」
マクラーレンは、火曜日にアブダビで行われるF1ポストシーズンテストを新たに契約したオスカー・ピアストリが慣れ親しむためのセッションとして活用する。

オスカー・ピアストリは、ポール・リカールでマクラーレンの前世代のF1マシンですでに走行を完了しており、過去にはアルピーヌでも旧型マシンを走らせているが、新世代F1マシンでの走行は火曜日のテストが初めてとなる。

オスカー・ピアストリはヤス・マリーナのヤングドライバー枠で丸一日MCL36を運転し、ランド・ノリスはピレリのタイヤテスト枠でもう1台の車を走らせる。

マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「古いマシンでテストした後、まずは現在のマシンに慣れるという点で良い組み合わせになるだろう」とSpeedcafe.comに説明した。

「それから、おそらく直接ロングランに入るが、できるだけ多くの経験を積むためにいくつかの予選ランも行うだろう」

2023年のプレシーズンテストはわずか3日間の走行に限定されているため、火曜日の走行は貴重となる。プレシーズンテストは2人のドライバーで分担されるため、オスカー・ピアストリは、2023年のF1デビューシーズンにむけて新車でわずか1.5日の準備しかできない。

オスカー・ピアストリは、過去に大規模なアルピーヌF1チームのテストプログラムを実施していたが、マクラーレンとの契約問題が勃発したときに中止されており、最後に走ってから数か月が経過している。

アブダビで1日車に乗ることは、オスカー・ピアストリが車でマイレージを追加する重要な機会になる。

「重要なことは、彼が来年バーレーンに行くとき、このテストでオスカーと一緒に何を達成するかという明確な計画を持つことだが、それから来年のマシンのテストでトラックに出る前に1月と2月で彼と一緒に達成することもできる」

「目的は明確だ。彼と一緒にハードワークをして、彼がバーレーンでの最初のレースに臨む際にそれが彼にとって最初のレースのように感じられないようにしたい」

「我々の前には大変な仕事がたくさんあるが、我々は経験豊富なチームであり、どのボックスにチェックを入れなければならないかを正確に知っている」

「オスカーは非常に才能のあるドライバーだ。素晴らしいパーソナリティであり、素晴らしいキャラクターでもあるので、彼と一緒に走ることを楽しみにしている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / オスカー・ピアストリ