82歳のマリオ・アンドレッティ、マクラーレンの2013年型F1マシンで爆走
82歳のマリオ・アンドレッティが、先週土曜日にラグナセカでマクラーレン MP4-28をドライブ。「私のバケットリストはかなり満足している。これ以降に私たちがすることはすべてケーキの飾りになる」と語った。

1978年のF1ワールド チャンピオンのコース上での大きな瞬間は、昨年5月の初開催のF1マイアミグランプリのグリッドで取引したマクラーレンのCEOであるザク・ブラウンの好意によるものだった。

マリオ・アンドレッティが最新のF1マシンのを「試してみたい」という熱烈な願望を表明したとき、ザク・ブラウンはオースティンで開催されるF1アメリカグランプリでマリオ・アンドレッティを車に乗せて数周のデモを行うことを誓った。

しかし、最終的に、マクラーレンは1994年にマリオ・アンドレッティが最後にインディカーレースを行った場所であるラグナセカのウェザーテック・レースウェイで今週末に開催されるベロシティ・インビテーショナルの歴史的イベントの1週間前に2013年のメルセデスエンジン搭載のMP4-28で実施ることを決定した.

金曜日にシート合わせ行ったことを報告したマリオ・アンドレッティは土曜日にトラックに出て、1984年のアラン・プロストのマクラーレンMP4/2をドライブした2度のF1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンと並んで走った。

12回のグランプリウィナーにとっては喜びの乗り物だった、予想通り、モータースポーツ界のレジェンドはもっと乗りたいと語った。

「スウィートだった、明らかに私はテーブルに多くを残した」とマリオ・アンドレッティはRACERに語った。

「適切なギアリングを確保することが重要だったが、私にとって問題のいくつかは、ハンドルに対してヘルメットがどうなっていたかということだった。ダウンシフトの数値が見えなかった!」

「いくつかのコーナーではうまくできたが、他のコーナーではうまくいかなかった」

「だが、全般的には、それは私が良そうしていたことだった。ドライバーにとっては心地よいフィーリングであり、とても満足している。車は、私のキャリアで経験したこととは対照的に、本来あるべきことをうまくやっている」

「それは本当に私が感じたかったことであり、感じることができた」

「私はスーパーライセンスのポイントを取得しようとしている!」


マリオ・アンドレッティ F1 マクラーレン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1動画