マクラーレン 「コスト上限下でのレッドブルF1のアドバンテージは驚き」
マクラーレンF1チームのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、2022年にレッドブル・レーシングとの間に存在する大きなギャップに驚いていると語る。

2022年の新世代F1マシンは、サーキットでのレースを改善し、競争を強化するために、製造方法が大幅に変更された。また、F1はフィールドの競争力を高めるために組織間のコストの差を減らすことを目的とした予算上限の下での2年目に入っている。

だが、2022 年にこれまでにレースで勝利したのはレッドブルとフェラーリの 2 チームだけであり、今シーズンのフィールドで最速の車を所有していることは明らかだ。

レッドブル・レーシングは、コンストラクターズとドライバーズの両方のチャンピオンシップでかなりのリードを築いており、まもなくチャンピオンシップを確定させようとしている。

ジェームス・キーは、レッドブルとフェラーリが、コスト制限にも関わらず、他のチームを抜き去ったことに驚いていると認め、彼らのインフラストラクチャと知識を称賛した。

「他のチームと比べて、2つのチームがその特別なパフォーマンスをどのように見つけることができたのか少し驚いている」とジェームス・キーは語った。

「シーズン序盤はもっとタイトなフィールドだったが、今は伸び始めており、フェラーリとレッドブルはより多くを活用する素晴らしい仕事をしたと言わざるを得ない」

「大規模なインフラストラクチャと長年にわたって構築された多くの知識と方法論を備えたビッグチームは、コスト上限内であってもそれは依然として非常に重要であることを示している」

「これは我々が得た予算という点では平等な競争条件ですが、我々全員がどのような背景であるかという点ではそうではない」

シーズン前のシミュレーションでは、2022年のF1レギュレーションでは、以前のマシンよりも数秒遅くなるように設定されていることが示唆されていた。

しかし、それが事実であることは証明されておらず、ジェームス・キーは、年間を通じてパフォーマンスを向上させたいくつかのチームのエンジニアリング能力を称賛している。

「私が驚いたのは、理論上、シャシーのパフォーマンスが同じであれば、2022年マシンは 2021年マシンよりも2秒遅いはずだが、そうではなかったということだ」とジェース・キーは語った。

「車は現在、2021年のパフォーマンスレベルに非常に近づいており、一部はすでにそれを達成している。これは、このスポーツでのチームのクオリティを反映している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェラーリ / レッドブル