マクラーレンF1、K-Swissとの複数年のパートナーシップを発表
マクラーレンF1チームは、『K-swiss(ケースイス)』と2023年から複数年にわたるパートナーシップを結んだことを発表した。

ロサンゼルスを拠点とするシューズブランドであるK-Swissは、フットウエアの製造において60年近くの伝統があり、マクラーレンF1チームとともに初めてF1に参入。その存在感を高め、世界中の新しいカスタマーにリーチする。

マクラーレンとK-Swissは、世界中のレースイベントでマクラーレンのピットクルーとエンジニアが着用するように設計された特注のパフォーマンスベースのシューズコレクションを作成する。2つのブランドは、カスタマーが購入できる靴と限定アパレルコレクションでもコラボレーションする。

マクラーレン・レーシングのライセンス、eコマースおよびeスポーツのディレクターを務めるリンジー・エクハウスは「K-Swissをマクラーレン・レーシング ファミリーとF1に迎えることができて光栄です」とコメント。

「このような強力な伝統を持ち、素晴らしい見た目でありながらパフォーマンスに重点を置いた信頼性の高いフットウエアをチームに提供できるブランドと協力できることに興奮しています。 コレクションのリリースが待ち遠しいです」

K-Swissインターナショナルのブランドプレジデントを務めるデイブ・グランジは「私たちはこのエキサイティングな新しい複数年のパートナーシップに参加できることを光栄に思っており、レーストラックでマクラーレンに加わることを楽しみにしています」とコメント。

「各ブランドは、他のブランドを反映し、忍耐力、革新性、卓越性に満ちた伝統を誇っています。この新しいパートナーシップにより、私たちはロイヤリストの新しい基盤を築き、私たちの遺産をさらに拡大することを願っています」

マクラーレン F1 K-Swiss(ケースイス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1スポンサー