レッドブルF1育成のユアン・ダルバラ、マクラーレンのF1テストに参加
レッドブルF1の育成ドライバーだるユアン・ダルバラは、今週末シルバーストンでマクラーレンのテストに参加し、F1マシンでの初走行を行う。

今年、プレマからFIA-F2に参戦するユアン・ダルバラは、ランキング3位につけている。2020年からFIA-F2を戦っているダルバラは3勝を挙げている。

インド出身のユアン・ダルバラは、フォース・インディアが“ONE IN A BILLION HUNT”プロジェクトによって見いだされ、2019年にレッドブルF1のジュニアプログラムに参加した。

マクラーレンとのユアン・ダルバラの2日間のテストは、今年のレギュレーション変更によって可能背になったF1の前年マシンでのテスト(TPC/Testing of Previous Cars)条項に一環として行われる。

「この機会を得ることができて、とても感謝している」とユアン・ダルバラは語った。

「F1でのテストは非常に限られており、このような機会を得るのは簡単ではない」

「今回はF1カーでの初めての経験であり、きっと特別なものになるだろう」

「レッドブル・ジュニアチーム、家族、スポンサーから受けたサポート、マクラーレンから与えられたこの機会により、F1で戦うという子供の頃の夢を実現するための準備を整えることができる」

マクラーレンはまた、TPCプログラムの一環として、インディカーのスターであるパトリシオ・オワードとコルトンハータのために今年後半にMCL35Mを展開する予定となっている。

ユアン・ダルバラの父親フルシェドは、25億ユーロ(約3100億円)の価値があると推定されるインドのソーラー企業『Sterling and Wilson』の取締役を務めており、ニキータ・マゼピンがハースF1チームのシートを失った際には一部で後任候補として名前が挙げられていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン