マクラーレンF1、アイルトン・セナのロゴをモナコGPからマシンに掲載
マクラーレンF1は、今週末のモナコグランプリからF1カーにアイルトン・セナの象徴的な名前とロゴを搭載する。

アイルトン・セナは、マクラーレンF1チームでの成功で最も有名に記憶されており、黄金時代を築いた“マクラーレン・ホンダ”で3つのF1ワールドチャンピオンのすべて獲得している。

1994年のサンマリノグランプリでアイルトン・セナが亡くなった後も、当時セナが運転していたウィリアムズF1チームは、彼の名前と有名なSenna-Sを車のフロントに掲載し続けていた。

しかし、2022年F1シーズンに先立ち、ウィリアムズF1チームはアイルトン・セナのブランドを車から削除することを選択した。

ウィリアムズF1の2022年F1マシンの発売会で、チームプリンシパルのヨースト・カピートは、ウィリアムズF1チームの新しい所有者はアイルトン・セナを称える方法を変えたいと述べた。

「我々が将来前に進んでいきたいという決定だった」とヨースト・カピトは語った。

「我々は新しい時代を迎え、新しいマシンを手に入れました。また、博物館も改装した。ここにはアイルトンを祝う特別なエリアがある」

「我々は、ドライバーがマシンに乗るたびに“S”を表示せず、何が起こったのかを思い出させるのではなく、将来を見据えなければならないと思う」

「これからは、チームが先に進み、セナに心から敬意を表し、博物館に非常に専用のスペースを設け、そこで彼を称える時が来た」

一方、2022年のモナコグランプリから、マクラーレンF1チームはアイルトン・セナの名前を尊重し続けることを選択し、車のヘイローの側面にセナのロゴを追加した。

金曜日の朝にマクラーレンF1チームがリリースした短いビデオで、マクラーレンはアイスロン・セナに敬意を表して、名前を付けることがどれほど嬉しかったかを明らかにした。

「モナコGP以降、アイルトン・セナの名前を冠することができて光栄だ」

「彼の勇気、献身、そして、創意工夫は、今日まで我々のチームの基準を設定し続けている」

アイルトン・セナの名前の追加は、慈善団体であるセナ財団の完全なサポートがある。

マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、「このアイルトンの人生の認識を開始するのに、モナコグランプリよりも良いレースは考えられない。 グランプリを6回獲得したアイルトンは、他のどのドライバーよりも多く、F1カーのハンドルを握る彼のスキルと能力がほとんど匹敵しないことを証明した」

「我々のF1レースカーへのこの追加は永続的なものであり、セナ・ファミリーのサポートを受けて追加された。 それは、チームとしての我々にとって、そして、世界中のすべてのファンにとって、アイルトン・セナのセンセーショナルな才能を常に思い出させるものとなるでだろう」

アイルトン・セナは1988年から1993年までマクラーレンをドライブし、1988年、1990年、1991年にF1ワールドチャンピオンを獲得した。彼はマクラーレンF1チームとの96回のスタートから35回優勝し、1993年オーストラリアGPでチームとのF1で最後の勝利を収めた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1モナコGP / アイルトン・セナ