マクラーレン、アウディへのF1チーム売却を否定「マクラーレンF1は残る」
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、アウディがF1チームの買収に関心を持っていることを認めつつも、売却することはないとその可能性を除外した。

フォルクスワーゲン・グループは、アウディとポルシェを2026年からF1に参入させるための取り組みを進めている。ポルシェはレッドブルと提携することが確実視されているが、ワークス参戦を望むアウディは、まだその選択肢を検討しているため、プロジェクトは確実ではない。

アウディは、マクラーレンと交渉を行っており、評価されていた1つの選択肢は、F1チームを完全に買収することだった。それが実現した場合、チームはアウディF1チームになり、マクラーレンの名前がF1から完全に消えることになる。

しかし、マイアミGPに先立って、ザク・ブラウンはマクラーレンの名前はF1にとどまり、アウディへ売却することはないと断言した。

マクラーレンがF1チームを完全に売却する可能性について質問されたザク・ブラウンは「ノー。我々の株主はマクラーレンに非常に熱心に取り組んでいる」とコメント。

「我々はアウディと会話をした。だが、我々は売り物ではない。我々は自分たちの未来に非常にコミットしており、順調に進んでいる」

「株主は我々のチームにを最前線に戻すために必要なリソースを提供するために多額の投資を行っており、商業的に非常にうまくいっている。チームの士気は本当に高い。レーシングチームを売却することに関心はない」

「我々はマクラーレンF1です。それが我々が残していくものであり、我々はレーシングチームを所有し続けていく」

マクラーレンの将来についてのザク・ブラウンの自信は、新型コロナウイルスのパンデミックの開始時の現金危機から状況を好転させたチームの財務状況の改善に基づいている。

ザク・ブラウンは、特に投資家のMSP Sports Capitalとの1億8500万ドルの取引が、チームが自らのベストな利益のために決定を下すための確固たる基盤をもう少し与えたと述べていた。

「我々は本当に強い立場にあるが、18か月前はそうではなかった」とザク・ブラウンは語った。

「MSP Sports Capitalが参入して投資した。皆さんも18か月前の状況はご存知だろう。特に現在のプレーの状態を考えると、それは今ではかなり昔のように思える」

「パートナーシップの条件は、レーシングチームの所有権を保持することだ。それとは異なる会話をしたい人がいたら、会話はしない」

アウディへの売却は却下されましたが、ザク・ブラウンは、マクラーレンが2026年からどのF1エンジンを使用するかについての決定は完全に別のトピックのままだと語る。

「マクラーレンの売却は検討していないが、レーシングカーの後ろに必要なパワーユニットを決めるのはアンドレアス(ザイドル/チーム代表)次第だ」とザク・ブラウンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / アウディ