マクラーレンF1代表 「アウディとザウバーの提携はF1にフィットするはず」
アウディとザウバーが提携ことは、F1に「非常によくフィットする」だろう。ポルシェのル・マンプログラムを主導した後、フォルクスワーゲン・グループの自動車メーカーに精通しているアンドレアス・ザイドルは語る。

現在、アンドレアス・ザイドルはマクラーレンF1のチーム代表を務めているが、マクラーレンのポルシェとともに2026年にF1に参入しようとしているアウディによる6億5000万ユーロ((約876億円)のバイアウト入札を拒否したと伝えられている。

「アウディとザウバーは将来にむけて非常によくフィットするだろう」と現在、アルファロメオF1チームとして知られているスイスを拠点とするザウバーについてアンドレアス・ザイドルは語った。

「スイスには風洞を備えた素晴らしいインフラストラクチャがあるし、そのようなタスクの準備ができているだろう」

しかし、アンドレアス・ザイドルは、ザウバーとアウディの契約の障害は、マクラーレンとアウディの契約を破綻させたものと同じかもしれないとほのめかした。

「チームのオーナーに大きく依存していると思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。「ラウジング・ファミリーはどれくらいの金額をあきらめても構わないと思っているのだろうか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ザウバー / アウディ / アルファロメオF1