マクラーレンF1首脳 「メルセデスのゼロポッドは主役ではない可能性」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーは、メルセデスがW13で“ゼロポッド”のイノベーションを導入したことを称賛しているが、グリッド全体で異なる哲学がみられていることから、それが彼らのマシンのパフォーマンスの“主役”にはならないかもしれないと見ている。

メルセデスF1は、バーレーンテストにサイドポッドがほぼ存在しないボディワークを持ち込んでF1チームやファンを驚かせた。

サイドポッドに流入する空気の流れを大幅に減少させる“ゼロポッド”デザインが実際にどのように機能するかについてはさまざまな意見があるが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、テストでのメルセデスF1のイノベーションは「それほど印象的ではなかった」と主張している。実際にレースでどれくらいのインパクトがあるかは示されなかった。

ジェームズ・キーは、メルセデスF1がこれほどまでに異なることを試みたことがいか「勇敢」であったかを強調し、“ゼロポッド”が実際にどのように機能するかを興味深く見守っている。

「あれを試みた彼らには脱帽だ」とジェームズ・キーはPA通信社に語った。

「あれを機能させるにはかなりの機械工学を必要とする。非常に異なるものを選ぶのは勇敢な決断だ」

「だが、それは10の異なる概念の1つにすぎないとも言えるかもしれない。メルセデスの小さなサイドポッドはフェラーリのスケールの反対側にあるが、どちらも競争力があると確信している」

「おそらく、それはサイドポッドが主役ではないことを示唆している。メルセデスは確かに最も極端に進んでいるので、それがどのように展開するか、そして、それが正しい道であったかどうかを見るのは興味深いだろう」

また、ジェーズ・キーは、勢力図を予測しようとする場合、そして、シーズン開幕戦に向けて有利なチームがあるかどうかを予測する場合、テストの結果は通常よりもさらに不明確になると予測している。

ジェームズ・はマクラーレンが他チームと比較してどの位置にいるかは分からないが、それでもF1の大物打者が最前線にいると予測している。

「今年、これまで以上に伝えるのは本当に難しい」とジェームズ・キーは語った。

「チームはさまざまなタイヤ、燃料、エンジンモードを走らせている。これらはすべて、テストでの車の速度を大幅に変更する。手を内を見せても意味はない。かなり拮抗しているように思える」

「メルセデスとレッドブルが強くなると信じなければならない。彼らは両方とも彼らのデザインで大胆だった。そし、彼らの投資の遺産、成功、過去に彼らのために働いた方法論を考えれば、皆さんも予想できるかもしれない。

「フェラーリは力強く見える、我々はそのミックスのどこにいるか? わからない。バーレーンでグリッドがどのように形成されるかを予測することはできない。日曜日にならなければ分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス