マクラーレンF1、2022年F1マシン『MCL36』を2月11日に発表
マクラーレンF1は、2022年F1マシン『MCL36』を2月11日にお披露目することを発表。マクラーレンが参戦する他のレースシリーズのマシンともに披露される。

昨シーズンをランキング4位で終えたマクラーレンは、2022年の注目のチームのひとつ。新しいレギュレーションと予算上限によって、象徴的なF1チームは優勝争いに絡んでくることが期待されている。

その鍵をに握る2022年F1マシン『MCL36』が2月11日に披露される。

マクラーレン・テクノロジー・センターで開催される新車発表会は共同イベントとなり、2022年から初参戦するエクストリームE、また、アロー・マクラーレンSPのマシンもお披露目される。

マクラーレンF1は、2024年までに再びタイトル候補になりたいと考えているが、2021年も例外ではなく、最近のシーズンですでに勢いのあるポジティブな波に乗っている。

2021年、ダニエル・リカルドはマクラーレンF1をイタリアGPで表彰台のトップステップに戻し、ランド・ノリスも2位でフィニッシュ。2010年のF1カナダGP以来となる1-2フィニッシュ達成した。。

新しいレギュレーションで生まれるMCL36は、マクラーレンF1のさらなる勝利、タイトル争いへの扉を開く可能性がある。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン