マクラーレンF1代表、ルイス・ハミルトンの“ロケット”エンジン説を疑問視
マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、F1ブラジルGPで“ロケット”と称されたルイス・ハミルトンのエンジンと比較して、メルセデスのF1パワーユニットのデータに実際の違いは見られなかったと語る。

メルセデスF1は、2021年のF1ブラジルGPでルイス・ハミルトンに新品エンジンを投入。その金曜予選で失格となり、スプリント予選後で10グリッド降格ペナルティを受けたルイス・ハミルトンだが、その逆境を跳ねのけて優勝を果たした。

レッドブルF1は、ライバルの直線スピードの向上を指して“ロケット”エンジンと称した。

しかし、もちろん、メルセデスF1は他の3つのチームにも供給している。そのうちの1つであるマクラーレンは、自分たちのデータと比較しても特別なことはなかったと語る。

現代のF1ルールは、エンジンメーカーがカスタマーに劣ったエンジンを供給できないことになっており、マクラーレン、アストンマーティン、ウィリアムズはメルセデスと同じエンジン仕様を受け取っているはずだ。

そして、マクラーレンは、自分たちのユニットとルイス・ハミルトンのブラジルエンジンの間、またはグリッド全体の他のメーカーとデータを比較して、いかなる種類の異常な電力ギャップはなかったと語る。

「データを調べて、他チームのデータを比較しても、異常でスパイシーなエンジンがあったことにはならない」とアンドレアス・ザイドルはFormulaRapida.netに語った。

「結局、我々はメルセデスからシーズンを通して供給されたものに満足している」

「すべてのパワーユニットメーカーで同じであることは明らかだ。走行距離の長いものと比較して新しいエンジンを取り付けるときはいつでも、エンジンの自然劣化のためにパワーの点で違いがある。それは0.1秒の影響を受ける可能性がある」

「グリッド全体で同じことがわかる。だが、チームやパワーユニットのメーカーには、目を見張るようなものや特別なものは見当たらなかった」

マクラーレンは、2021年シーズンにランド・ノリスとダニエル・リカルドの両方が4基のエンジンを使用した。この計画は、どちらの側にも問題なく、メルセデスと合意されていたものだとアンドレアス・ザイドルは述べた。

マクラーレンは、2018年から2022年までルノーのF1エンジンを搭載しており、2021年はメルセデスのF1エンジンの初年度だった。

「シーズンの初めに、メルセデスと一緒にエンジンの使い方を計画した」とアンドレアス・ザイドルは説明した。

「その後、シーズン中に、ある時点で4基目のパワーユニットを使用する必要があることは明らかだった」

「それは常にメルセデスと一緒に議論され、計画されたものだった。そこに議論があったり、我々が望んでいたものとメルセデスが我々に与えたものとの間にミスマッチがあるような状況はなかった。それが進み方にはとても満足している」

「しかし、正直なところ、それは以前のサプライヤーと何ら変わりはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルイス・ハミルトン / メルセデス