マクラーレン、2022年からエクストリームEへの参戦を発表
マクラーレンは、2022年からエクストリームEに参戦することを発表した。

F1やインディカーと並んでモータースポーツプログラムを拡大しているマクラーレンは、2022年に2シーズン目を迎える電動SUVを使用するオフロードレースであるエクストリームEへと進出する。

今年初シーズンを開始したエクスリームEは、気候変動と環境問題への意識を高めるために、チームとドライバーが世界中の場所で競い合っている。

マクラーレンは、エクストリームEに参加する最初のF1チームとなり、F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、ジェンソン・バトンが独自のチームに参加しているシリーズに加わる。

マクラーレンは、持続可能性への取り組みを行っており、シリーズの詳細な評価に続き、エクストリームEへの参戦が決定された。

マクラーレンのエクストリームEチームは、F1プログラム以外のマクラーレン・レーシングの既存のスタッフ運営され、ドライバーのペアリングはまだ決定されていない。

「エクストリームEが発表された瞬間から、シリーズの進捗状況を綿密にフォローしてきた」とマクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは述べた。

「我々の注意は、このモータースポーツプラットフォームの革新的なフォーマット、特に我々自身の包括的な持続可能性アジェンダを加速および後押しする能力によってすぐに引き付けられた。脱炭素化、廃棄物削減、多様性、平等という同じ優先順位を共有している」

「当初から、マクラーレンは常に最前線に立ち、新しい限界を押し上げることを恐れることはなあkった。この新しいベンチャーは、さまざまなカテゴリー、イノベーション、勇敢さに参加するという我々のルーツに忠実だ」

「エクストリームEは、現在および将来の世界が直面している最大の課題のいくつかに立ち向かうための力として、モータースポーツに新たな境地を開いている」

「F1は、インディカーやeスポーツのように常に世界の中心にあるが、エクストリームEへの参入は、マクラーレン・レーシングのフランチャイズに追加され、すべてのプログラムを補完し、サポートするのに役立つ」

「我々はF1やインディカーでよく知っているビッグネームと競争するが、我々が競争するすべてのシリーズと同様に、競争の目的は明確だ。我々は勝つためにそこにいる」

エクストリームEの代表を務めるアレハンドロ・アガグは「最高レベルのレースと自動車の革新を象徴するマクラーレンを加わることは、シーズン1の最初の2レースで提供したものがすでにモータースポーツに大きな影響を与えていることを大いに支持している」とコメント。

「ザクとパワーハウスのマクラーレン・レーシング チームをエクストリームEに迎えることができて、とてもうれしく思う。チームが最初のオフロードの電気レースデビューでどのようにパフォーマンスするかを楽しみにしている」

1月、マクラーレンはフォーミュラEと2022年からGen3時代に参戦するオプションを与える契約に署名したことを確認したが、参加するかどうかはまだ発表されていない。また、将来のWEC(FIA世界耐久選手権)への参戦にも関心を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン