マクラーレンF1、角田裕毅の黄旗無視を見過ごしたFIAに「強く異議」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1アゼルバイジャンGPで角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がイエローフラッグを無視したという苦情を却下したFIA(国際自動車連盟)に「強く異議を唱える」と語った。

終盤にマックス・フェルスタッペンがタイヤ故障でクラッシュした際、セーフティカーが導入される前にまずダブルイエローが降られ、その後、レースは赤旗中断となった。

ダブルイエローではドライバーは大幅に減速して停車する準備をしなければならないが、マクラーレンF1は当時ランド・ノリスとレースをしていた角田裕毅が十分に対応していないと感じた。

マクラーレンF1のチームマネージャーであるポール・ジェームスは、テレビ放送でその苦情をレースディレクターのマイケル・マシに伝えているが、FIAは対応しなかった。

マクラーレンF1は、特に土曜日の予選Q1でランド・ノリスが赤旗ですぐにピットに入らなかったことでグリッドを3つ下げられたこともあり、チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは不満を持っている。

「ダブルイエローフラッグを通過し、インシデントを経験し、マシンがコース上にあるのを見たとき、ドライバーとして何をしなければならないかは明らかだ」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々の観点では、明らかに大丈夫ではないことが起こっていた。また、例えば、土曜日に我々ペナルティーを科せせられた状況に当てはめることもできる」

「だが、私たちにできることはそれだけだ。我々はそれを報告することしかできず、我々が強く異議を申し立てることだが、レースディレクターが誰もがそれを行っているので調査は必要ないと判断した場合、マイケル・マシにその後の彼の状況を尋ねる必要がある」

マイケル・マシは、シャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンのクラッシュ後、セーフティカー導入にこれほど時間がかかった理由についても尋ねると述べたときに、次のレースであるフランスGPでのドライバーズブリーフィング中にこの問題が提起されるだろうと語った.

この特定の問題については同意しなかったものの、アンドレアス・ザイドルは、2019年にチャーリー・ホワイティングが急死した後にその役割を担って以来、マイケル・マシが行ってきた仕事を賞賛している。

「一般的に、我々はマイケルがやっている仕事にとても満足している。とても難しい仕事だ」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々の側で最も重要なことは、透明性、一貫性、そして、我々が通常彼と行っている良い対話だ」

「もちろん、意見が合わない場合もある。それはノーマルなことだ。和我々は競技者の側にいて、彼は FIA の側にいる」

「だが、彼が就任してから今を振り返ると、彼は素晴らしい仕事をしていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / FIA