マクラーレンF1 「レギュレーション変更はファンにとって勝利」
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年以降のF1のコスト削減とルール変更によって“競争が激化”し、結果としてより多くの人々をF1を観戦することを駆り立てることになると考えている。

FIA 世界モータースポーツ評議会は5月27日(水)、2021年以降の採用される一連のF1レギュレーション変更を承認した。

2021年に1億4500万ドルから始めるスライド式の予算上限、シャシーとエンジン開発の制限、空力開発のハンディキャップルールは、今後のシーズンのF1の進化の基盤となる。

ザク・ブラウンは、マクラーレンF1が発表した声明のなかで「今日、F1は勝利した」と語った。

「これは私たちのスポーツにとって非常に重要な瞬間だ。F1はしばらくの間、財政的に持続不可能であり、何もしなければ、F1とその参加者の将来を危険にさらしただろう。この問題に集合的かつ断固として解決に取り組んだ参加者は表彰されるべきだ」

「統一された予算上限は、チーム間の収益のより均等な分配と相まって、競争を激化させ、より多くの人々がライブやテレビで見たいと望み、チームとスポーツの長期的な財政状態を支えるより持続的な収益を推進する」

「最終的にファンが勝ち、ファンが勝てば、スポーツ全体が勝つ」

2021年からのスライド式の予算上限の採用は、ミッドフィールドチームに大きな影響を与える革新的なものだとみなされている。しかし、マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドル、この実装によってワーキングの本部では苦渋の決断がもたらされることになると警告する。

「予算上限が適用されることはしばらく前から誰にとっても明らかであり、我々は経済的に持続可能なスポーツをサポートするために下限の引き上げを求めた」とアンドレアス・ザイドルは述べた。

「これは我々の前に立ちはだかる大きな課題だ。今後数か月の間に、我々の働き方を調整し、チームをこの新しい上限に合わせて適切な規模に調整することは非常に骨の折れる作業であり、今週初めのニュースで強調されているように、残念ながら、チームメンバーを失うことになるが、我々の目標は、将来的に最適な規模で最も効率的なチームになることだ」

「我々のチームメンバーの協力と理解は素晴らしく、水曜日からシャットダウンが終了した後、チームが様々なレギュレーションを明確にしていたことは重要なことだ。これにより、マシンで再び作業を開始し、将来のレギュレーションへの影響を理化することができるようになる」

「我々は今、今年後半にできるだけ多くのレースが行われることを期待してカルロスとランドと一緒に準備に集中している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン