ジェンソン・バトン マクラーレンへ移籍
マクラーレンは、ジェンソン・バトンと複数年契約を結んだことを発表した。

2010年のマクラーレンは、ジェンソン・バトンとルイス・ハミルトンという2人のワールドチャンピオンがコンビを組む。ワールドチャンピオンの移籍によりマクラーレンは再びカーナンバー1を走らせることになる。

2000年にウィリアムズからF1デビューを果たしたジェンソン・バトンにとって、2010年シーズンはF1での11シーズン目となり、マクラーレンは7つ目のチームとなる。

バトンの移籍により、カーナンバー1は再びマクラーレンがつけることになる。2010年は、ジェンソン・バトンがカーナンバー1、ルイス・ハミルトンがカーナンバー2をつけたマクラーレンMP4-25を駆る。

過去2年間のワールドチャンピオンが同じチームに所属するのはF1史上初の出来事。また、イギリス人のワールドチャンピオンがペアを組むのは、1968年のロータスでのグラハム・ヒル(1962年、1968年)とジム・クラーク(1963年、1965年)以来となる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ジェンソン・バトン