元マクラーレンのメンバー、F1ハンガリーGPのアロンソ/ハミルトンを回顧
マクラーレンF1チームでメカニックとして働いていたマーク・プレーストリーが、2007年のF1ハンガリーGPでのルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソの事件を振り返った。

2007年のF1ハンガリーGPの予選は両ドライバーの戦いが沸点に達したレースだった。予選Q3セッションの最終段階でマクラーレンの両方のドライバーに新品のタイヤセットを履かせることが決定するまで大きな事故なく進行していた。

フェルナンド・アロンソが最初にピットインし、そこから故意にピットレーンでストップ。この戦略により、アロンソは後ろにいたルイス・ハミルトンがアタックをするための十分な時間が得られないようにしようとした。この戦略は成功し、アロンソはポールポジションを獲得。マーク・プレーストリーはその事件を射ていた。

「私はアロンソに送り出そうとした人の一人だった。私はただ唖然としてた。そのときは彼がそれをした理由を特定することはできなかったが、その後すぐに意味がわかった」とマーク・プレーストリー MotorMouth のポッドキャストで語った。

「私が何よりも覚えているのは、彼だけでなく、実際には両方のドライバーに対するすべての尊敬を失っていたことだ。彼ら二人ともがこのプロセスに関与していた。だが、アロンソが次のラップを走行するために静止しなければならない時間を見積もりながら、ハミルトンを追い出した方法には多くの敬意を払わずにはいられなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ / ルイス・ハミルトン