マクラーレンはルノーのF1撤退決定でメルセデスに変更せざるを得ず?
マクラーレンが、2021年にシャシーが凍結されるにも関わらず、メルセデスのF1エンジンを乗せ換えを強行しようとしているのは、すでにルノーがF1撤退を決定しているからではないかと噂されている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって開幕8戦の延期・中止が決定したことを受け、F1はチームの財政的な負担を減らすために2021年に予定されていたレギュレーション変更を1年延期し、来年も2020年シャシーを使用し続けるという決断を下した。

マクラーレンは、新しいF1レギュレーションが導入される2021年を見越してメルセデスとF1エンジン契約を結んだ。しかし、新しい技術規則が延期されたことでルノーを継続することができたにも関わらず、あえてF1から特別にシャシー変更を許可を得て、計画通りにルノーからメルセデスにF1エンジンを乗せ換えることを確認している。

この決断に、ルノーは2020年末でF1撤退をすでに決断しており、マクラーレンはメルセデスにF1エンジンを変更せざると得なかったとの噂が広まっている。ルノーは2021年にカスタマーがいない状況となる。

マクラーレンの元エンジニアであるマーク・プリーストリーは「マクラーレンには選択がなかった可能性がある。私は望んではいないが、ルノーは2020年末にF1から撤退するかもしれない。マクラーレンは2021年の選択肢がまったくなかった」と述べた。

マクラーレンにとって、2021年は構造の異なるメルセデスのエンジンを古いシャーシに統合し、まったく新しいデザインを考え出す必要があるため、難しい年になるかもしれない。だが、マーク・プリーストリーは、メルセデスとの以前のコラボレーション、そして、特に2022年に焦点を合わせれば、利点があると考えている。

「メルセデスのF1エンジンを使用するということは、F1で最高のエンジンを手に入れるということになる。マクラーレンが1年間メルセデスと仕事をしてきたことは、実際に非常に良いことだ。実際、彼らは完全に新しいルールでそれを行うはずだったが、今ではルールが安定しており、すでに新しい製造業者との団結に取り組む機会を持つことができる」とマーク・プリーストリーは結論付けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルノー