マクラーレン 「レーシング・ポイントではなく“コピー・ポイント”」
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、レーシング・ポイントF1チームはすでにピットレーンで“コピー・ポイント”と呼ばれていると語る。

レーシング・ポイントF1チームの新車RP20は、昨年タイトルを獲得したメルセデスW10に酷似していることから“ピンク・メルセデス”と揶揄されている。ただ、その見た目だけでなく、F1バルセロナテストでは高いパフォーマンスを発揮しており、一部チームは不満を述べている。

「RP20が非常に速いクルマであるのこと明らかだ」とザク・ブラウンは F1 TV のインタビューで語った。

「去年のメルセデスなので当然だと思う。まだルールに準拠しているが、すでにピットレーンでは“コピー・ポイント”について話している」

「トップチームに近づくための非常に簡単な方法だ。彼らは規則に従って動作し、良いマシンを持っている。とても速いと思う」

マクラーレンが他のチームからインスピレーションを受けることはないのかと質問されたザク・ブラウンは「何を望んでいるか次第だとコメント。

「別の車をコピーする場合、上位争いに加わることはないだろう。だが、それは4位に入るための効果的な方法であることは確かだ。本当にトップに立つには、コピーではなくメルセデスよりも優れたマシンが必要だ。だが、それは順位を上げるには良い方法だ」

「それはチーム自身にも依存する。一部の エンジニアは自分の発明に誇りに思っているおり、コピーでは満足しない。メルセデスからDASシステムを盗むのは素晴らしいことだ思う。イノベーションがF1のすべてだ。メルセデスを倒したければ、彼らよりも良いマシンを開発しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レーシングポイント