F1 マクラーレン MCL34
マクラーレンは、2019年F1マシン『MCL34』の新車発表会を2月14日(木)の日本時間21時からライブ配信する。

昨年、ホンダからルノーにF1エンジンを変更して表彰台争いを目標にしていたマクラーレンだが、序盤にシャシーの空力面に根本的な問題が発覚したことで開発に行き詰まり、コンストラクターズ選手権6位でシーズンを終えた。

名門復活にむけてマクラーレンはチームの再建を進めており、マネージングディレクターとして元ポルシェのLMP1チーム代表を務めたアンドレアス・ザイドル、元トロロッソのテクニカルディレクターのジェームス・キーの入社が内定している。

また、ドライバーライナップも一新し、ルノーから移籍するカルロス・サインツ、F2からステップアップを果たすランド・ノリスのコンビでシーズンを戦う。

マクラーレンはバレンタインデーとなる2月14日にワーキングのマクラーレン・テクノロジー・センターで2019年F1マシン『MCL34』を発表。発表会の様子は日本時間21時(現地時間12時)からYoutubeでライブ配信される。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン