F1 マクラーレン MCL34 2019年のF1世界選手権
マクラーレンは、2019年F1マシン『MCL34』もパパイヤオレンジのカラーリングを纏うことを確認した。

昨年、F1タイトル獲得にむけて再建を目指す名門チームのマクラーレンは、マシンカラーに1968年以来となる象徴的な“パパイヤオレンジ”を復活させた。

最近、ワーキングのマクラーレンの本拠地を訪問したカルロス・サインツは、2019年F1マシン『MCL34』が“パパイヤ”のカラーリングであるとソーシャルメディアで口を滑らせた。

マクラーレンもそのニュースを確認した。

昨年、マクラーレンはパパイヤオレンジの復活は「将来をしっかりと見据えた上での過去への賛同」だと語っていた。

「今年のカラーリングもそれらの点を再び実現し、成功の代名詞となってきたブランドカラーの公平性に基づいている」とマクラーレンはソーシャルメディアへの投稿で語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン