マクラーレン・ホンダ F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、F1カナダGPの決勝でポイント圏内10位を走行していたが、残り2周でエンジントラブルによってリタイアとなった。

12番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、ウルトラソフトで43周までピットストップを延ばす1ストップ戦略を採用。ストレートスピードで大きく遅れをとりながらも、前を走行していたマシンのリタイアもあり、10番手を走行していた。

しかし、残り2周で突然のエンジンブロー。リタイアとなり今シーズン初ポイントのチャンスを逃した。チームメイトのストフェル・バンドーンは14位でレースをフィニッシュ。これでマクラーレン・ホンダはチーム史上最悪となる7戦連続ノーポイントとなった。

このアロンソのリタイアを受け、F1を実況していたホンダのTwitterアカウントにはファンから辛辣なリプライが寄せられた。

「パワーない、燃費悪い、壊れる。もういい加減にして下さい。日本のイメージが悪くなります」
「あまりにも予想通り過ぎて笑うしかない…それでもエンジンは得意分野と言えるのか?まともに1レース走れないPUしか作れないなんて…それも3年かかって。」
「お前らまず謝罪しろ」
「最低。」
「またエンジン?」
「やる気あんの?」
「INDYと違って、世界中に恥をさらしていますね!」

2017 第7戦 F1カナダGP 結果

順位Noドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデス
277バルテリ・ボッタスメルセデス
33ダニエル・リカルドレッドブル
45セバスチャン・ベッテルフェラーリ
511セルジオ・ペレスフォース・インディア
631エステバン・オコンフォース・インディア
77キミ・ライコネンフェラーリ
827ニコ・ヒュルケンベルグルノー
918ランス・ストロールウィリアムズ
108ロマン・グロージャンハース
1146ジョリオン・パーマールノー
1220ケビン・マグヌッセンハース
139マーカス・エリクソンザウバー
142ストフェル・バンドーンマクラーレン・ホンダ
1594パスカル・ウェーレインザウバー
 14フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ
 26ダニール・クビアトトロ・ロッソ
 33マックス・フェルスタッペンレッドブル
 19フェリペ・マッサウィリアムズ
 55カルロス・サインツトロ・ロッソ
関連:F1カナダGP 決勝:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1 / フェルナンド・アロンソ / F1カナダGP