マクラーレン F1 インディ500
マクラーレンは、スポンサーに対して、フェルナンド・アロンソのインディ500プログラムのための追加料金を請求することはないと語る。

マクラーレンの伝統的なパパイヤオレンジに塗られたフェルナンド・アロンソのマクラーレン・ホンダ・アンドレッティのマシンには、F1のパートナー企業のスポンサーで飾られている。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、F1でマクラーレン・ホンダが苦戦を強いられているで失われた露出を相殺するために追加の費用なしでロゴを掲載することを申し出たと述べた。

「我々のより大きなモーターレースプログラムの一環としてやっていることであり、パートナーのためでもある」とザク・ブラウンはコメント。

「彼らに追加料金は請求していない。良いパートナーとして、結果が出ているときも、出ていないときも認める必要がある。我々はコース上で結果を出しておらず、それは彼らの露出に直接影響を及ぼしている」

「なので、我々が現在生み出している相当な量の露出でその損失を相殺できるのは素晴らしい方法だ。それは正常な行為だと感じている」

「商業的に我々がパートナーに約束した露出を確実にするためのものだ」

フェルナンド・アロンソは、F1モナコGPを欠場してインディ500に参戦。代役としてジェンソン・バトンがモンテカルロのコースで走っている。

F1でも最も人気のあるグランプリのひとつを欠場するにも関わらず、ザク・ブラウンは、F1の新オーナーはアロンソのインディ500参戦を支持していると語る。

「彼らはそれを気に入っている。グレッグ・マッフェイと一緒にいたが、彼はそれをとてもクールなことだと考えている」

「本当に良いストーリーだと思う。全員にとって大きな露出を生み出している」

「実際、今の我々はファンがマクラーレンがレースをしているのを見たいと思っているゾーンにはいない」

「我々がジェンソンを復帰させたのは、二人のドライバーを走らせ続けるよりも大きなストーリーだと思う。それはアメリカで大量の記事を生み出し、ここでもさらに話の種になっている」

「我々は多くのことを犠牲にしたとは思わない。我々はレースに勝つためにここにいるし、ジェンソンはすぐにそこにいるからね」

「我々はここでポイントを獲りたいし、同時にインディ500で成功を収めたいし、2つではなく3つの素晴らしい結果を出したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー