マクラーレン・ホンダ
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、メルセデスのライバルがエンジン開発を許可されることがF1の最高の関心だと主張する。

メルセデスのライバルメーカーは、2014年にみられたギャップを縮めるためにシーズン中にエンジンにアップデートを導入することを防いでいるルールを緩和する方法をみつけようとしている。

しかし、メルセデスは、コストが劇的に増加することへの懸念を理由に変更には乗り気ではない。

2015年からメルセデスに変えてホンダのエンジンを使用するマクラーレンは、適切な競争をするためにエンジン凍結を解除することが重要だと考えている。

「馬鹿げたコストの増加を達成したいと思っているわけではない」とエリック・ブーエリはコメント。

「だが、これは競争であり、我々は望んだようにクルマを変更することができるはずだ」

「規約の範囲内では、全てのメーカーはエンジンを開発できたらエンジンは凍結しなければならない」

「競争を認めないのは、スポーツの精神に反している」

エリック・ブーリエは、エンジン凍結の規約が緩和されない限り、メルセデスが長年F1を支配するポジションにいる可能性があるとの懸念を認める。

「彼らは非常に良い仕事をいたことで利益を得たし、レギュレーションがエンジンを凍結されていることから利益を得た」

「それが彼らが利益を得ている部分であり、エンジン規約を緩和できれば、いくらかキャッチアップできるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ホンダ