マクラーレン・ホンダ
ホンダのF1エンジンを搭載したマクラーレン MP4-29Hが、アブダビで公式テストデビューを果たした。

25日(火)からヤス・マリーナ・サーキットで公式テストが開始。マクラーレンは、ホンダの新F1エンジンを搭載した開発車両MP4-29Hを持ち込んだが、午前中は電気系トラブルに疑いがあったため、走行を行うことはなかった。

だが、テストが再開した午後、リザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンがステアリングを握り、マクラーレン・ホンダが記念すべき公式テストデビューを果たした。

マクラーレン MP4-29Hには、フロントノーズの先端とエンジンカウルに“HONDA”のロゴが掲載され、マクラーレンとホンダのチームスタッフもホンダのロゴが掲載されたチームウェアに身を包んだ。

MP4-29H McLaren Honda Mclaren Honda MP4-29H

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1